2013年 05月 03日
緊張感part1
 今シーズンの初の活動をしました(。・_・。)ノ

あまり気乗りしなかったですが

それはまだ早いと思っていたから

雪が溶けないせいです

私とムーディならまだ活動しないのですが、カ・ラーゲとの活動ですからしつこいです(笑)

彼は休みが平日なので、完全に私たちとは一緒に行動できない

この日はたまたま私が休みだったので、お付き合いしました

早いとは思ってますが、彼の気持ちを考えると行きたいのはわかる

それにダメなら昼飯を奢ってくれるというので(笑)

多分、ランチして終了だと思いましたが、事態は意外な方向へ・・・






 この日はあいにくの雨

というかだらしなく雨の日が続きます(T-T)

カッパ必須( ̄个 ̄)

行った場所は、前回と同じ

前回から10日経ってますから、それなりには溶けてます

林道脇の側溝も見えるようになり、場所によっては溶けてる斜面もある(*^_^*)

でも、間違いなくスコップを持つことにはなります

道路に大きな雪山が一つあります

幅2m弱の高さ1mの三角型状に雪が道路に(>_<)

これは自然に積もった雪ではないので、溶けるのが遅い

林道は15㎝くらい残ってます

前回よりは格段に溶けてます、もう少しで開通ヽ(o・ω・o)ノ

もしかしたら今行けるかも・・・

ってことで雪割りをしてみました(*^_^*)

今回はダメだろうと思ってカメラは持って行かなかったので、携帯画像です

d0260690_2031135.jpg


この写真は帰りに撮ったものです

実際はこれよりちょっと狭かった

でもカ・ラーゲは行けると言うので行ってみると、やはり両脇が狭く擦りました(T-T)

擦りながら幅を広げて通過

彼にとっては私の車なんぞ、何ら気にしてません(笑)

水はこぼすわ、コーヒーはこぼす(笑)

ぞんざいな扱いです(T-T)

 上の写真で言うと、上の方が林道へ進んでいく道ですが、所々雪が溶けてます

行けそうに見えますが、ちょうど一番上のところから下りこんでいくにしたがって厚めの雪が残ってます

溶けかかっている雪で、進むにも進めない(^0^;)

ここで終了、残念ながら初収穫はお預けとなりました

ちょうど昼時なので、ランチタイム

ランチは富良野でというカ・ラーゲの提案で行きました

カレーを食べたのですが、古民家カフェのようなお店

写真は撮ってませんが、ちょっと変わったシステム(。・_・。)ノ

ソーセージカレーを頼んだのですが、なんとなくルーが少ない(^0^;)

店員さんに言われたのですが、

ルーのおかわりできます、メニューをご覧ください

どれどれ・・・

ルーのおかわりは、お皿をお持ちいただいて「ルールルルル・・・」と合い言葉を

もちろん言いましたよ、足りないから(^o^)

ルーは最初に甘みと酸味が来て、最後にいつまでも辛みが残るタイプ

ルーの色味も焦げ茶から黒に近い

エゾシカカレーなんてものもあります

支払いの時に、

合い言葉ありがとうございます(^o^)

ちょっとした店員とお客のスキンシップですね(*♥д♥*)

 さて、この後はどこかの林道へ行きたいというカ・ラーゲ

どうやら諦めていないようです

もし採れるなら、14時までに奥様へ連絡するようになってるらしい

採れたらカ・ラーゲ邸で、ネギジンパが振る舞われるからです

その連絡をまだしていません

それは一縷の望みにかけているからで、その望みとは富良野芦別地区は雪がほぼ残ってないこと

だから、どこかしらの林道へ行けば、採れるかもしれない

カ・ラーゲはそこにかけているんです( ̄个 ̄)

 と言うことで、通りかかった林道へ

雪はほぼ無く、道路状況もまぁいい方でしょうか

川のそばの林道ですが、斜面をみると、ネギがあってもおかしくない

これはネギ眼というもので判断しています(。・_・。)ノ

過去の経験から見えてくるものです

そのネギ眼はたいてい正しいことが多い

見つけた量に限らず

ここでもネギは見つけました

ただ、チラホラと見える程度(^0^;)

でもその姿はすでに採り頃を迎えているサイズです

もっと大きな畑を見つけたいと奥へと進みましたが、驚きの発見を(((((∑(°Д° )))))

写真をアップするかどうか悩みましたが、見る人が少ないブログなのでアップします(笑)

グロいと感じるかもしれません

でも生命というものはそういうものですけど

シカの死体が道路に転がってました

見たくない人は飛ばしてください(。・_・。)ノ

d0260690_2031439.jpg


角が立派な牡鹿ですね

でも私たちはこの死体を見てユーターンを決めました

それはこのシカに付いてくるモノが嫌だったから

誘因されて、もしくはすでに目を付けているかも・・・

それに写真を見てもらえば分かりますが、数本の倒木が林道にかかっていて、取り除かなければ進めないんです

それも手間だったからUターンを決めたのですが、カ・ラーゲ曰く、

死体があって倒木が道をふさいでるのは、その先へと進むなと言うことだ

今シーズン初の山歩きで、初の林道

緊張感が一気に高まりましたε=┏(; ̄▽ ̄)┛

まだ生前の姿を残してるシカ

死因は何でしょうね

シカは雪が苦手だそうです

あの体で細いつま先

ズボッと埋まって動けなくなるシカも結構いると何かで読みました

このシカも自然死、人間で言う事故死かな?

 ゲートへと向かう途中の斜面を行きより注意深く見てると、それなりにネギを見つけました(^o^)

とりあえず、車から降りて見に行くことに

シカの死体から200mも離れていませんが、スプレーを腰にぶら下げて行きました

それなりにはありました

谷地もあったのですが、シカの死体を見た後では奥に行く気にならない(笑)

お手軽ポイントでネギ採集を開始しました(。・_・。)ノ

採集すると言うことは、ネギジンパをすることなので、それ相当の量をゲットしなければなりません

本格的なネギ散策の開始です

続きは後日に(。・_・。)ノ
[PR]

by yamazamurai | 2013-05-03 22:00 | 山侍の春山


<< 緊張感part2      喰らってやった >>