2012年 10月 20日
キノコ採りも次世代
 前回のラストで少し触れましたが、日曜日にキノコ採り、山侍用語でキノコレスキューに行ってきました

そして、今回のレスキューは久々にお会いするキノコ

今年のキノコ出遅れで、今までとは違うアプローチをしてきましたが、どうやら山侍も一皮剥けたというか、一段高見へ登ったような気がします

その辺にも触れながら、進めていこうと思います





 

 今回もムーディとレスキューに行きました

朝06:00

2人は合流し、とある情報を元に、初めて行く林へ

それはカラマツ林

今回のレスキューはラクヨウキノコ(花猪口:ハナイグチ)です(^_^)v

正式名称はハナイグチですが、北海道ではラクヨウと言われます

ラクヨウとは落葉のことで、カラマツのことです

カラマツは松の中で、唯一落葉する種です

カラマツからラクヨウが生えるので、カラマツという木が分かれば、ほぼ誰でも採ることが可能で、更に味もよくキノコの中では引っ張りだこの大人気種(*^_^*)

それだけに、朝早くからカラマツ林のそばには車が止まっています

さらに平日の昼間に行ける年配の方は最強で、私みたいに日曜休みしかない人は指をくわえてみてるだけになります(>_<)

カメラは持っていったのですが、ラクヨウを探してる時は時間がない

この後の予定や仕事があるから

結果から言うと、それなりには採れましたが、やはり情報が入ってきてからの行動では採れる量に限りがある

しかも入った林が別の林だった(笑)

でも目的はクリア(*^_^*)

オヤジと嫁に食べさせる分は採れたから(^_^)v

私はキノコを見つけること、出会えることが一番の報酬ですから、口に入らなくても良い

それは山侍全体の総意だと思います

喜んでもらえればこれ幸い

それが侍(^_^)v

 ただ、来年も来てみようかと思います

場所的には行きやすいので(*^_^*)

競争率は激しいですが、幾ら早く起きて行っても限界があるし、他にも来る可能性は否めない

では侍はどうするか?

ナイトウォークしかないでしょう(笑)

これが今回のタイトルの所以です

そろそろキノコ採りも進化しないといけない時期に来てると思います

日曜日仕事だ・・・

じゃあダメだね、またの機会に

これじゃ侍じゃない(°□°;)

日曜日仕事だ・・・

よし、じゃあ夜行こう

山侍は山では数々のポイントを知ってます

恐らく他の人達とは比べものにないくらい

でもそれは特別な場所です

これが平地になると、グンと競争率が高くなります

キノコが採れるポイントを何人も知っているから

そんな中でも侍らしさ、「サムライスピリッツ」を出すには?

ライト片手に林へダイブです(^_^)v

カンテラ装着して林へフェードインです(^_^)v

山侍が率先してキノコ採りの概念を変えないとならないと思ってます

すでにカンテラを購入した山侍がいます

すでにLEDワークライトを購入した山侍がいます

そのうちLEDのランタンも手にすることになるでしょうし、防寒着も充実すると思います

下手すると、暗視スコープを購入する者も出てくるかもしれません(笑)

時代は動いてます

流されていてはダメです、時代に合わせて変化していかないと

と言う事で、新しいキノコ採りのスタイルを提案させてもらいました

恐らく真似する人はいないと思います(笑)

そしてキノコ採りですが、続きはまた後日(^_^)v
[PR]

by yamazamurai | 2012-10-20 00:00 | 山侍の秋山


<< 今年最後のシメジポイントへ      山侍、キノコレスキュー >>