2012年 08月 30日
北へ、行けるところまで北へPart2
 800年という月日を生きてきた、神木と言っていい大木を見た山侍

心のヒーリングになりました(≧∇≦)

時間は昼を過ぎ、お腹のヒーリングもしたいところ( ̄∀ ̄)

が、これは男旅

そう簡単に飯にはありつけない

何かしらの大きな力が働いていて、私たちに飯を食わせないようさせてるのか(>_<)

見えない力を感じますが、とにかく食えません

まぁ、自分たちが自ら食いにいかないってのもあります

空腹でも見るべきビューポイント、景勝地はしっかり押さえる( ̄・・ ̄)

そして旅の最中は空腹でもコンビニは避ける

コンビニで食うくらいなら、その辺の山草をむしって食らい、空腹をしのぐくらいの高いプライドを山侍たちは持ち合わせてます( ̄∀ ̄)



本当は食べたいものはありました

しかしそこはまだ1時間以上かかる場所

しかも寄り道なしでの話

こうなると予定に無理があるのでは?

普通はそう考えますが、山侍だってバカ侍じゃない

それくらいはわかってますが、なにせ行き当たりばったりだと予定は立てられない(-.-;)

食べることにもう少し意識を働かせないと、毎回餓鬼になります

でも今回は少し違いましたΣ(゚д゚lll)

運転手がムーディ

旅の味付け、さじ加減は運転手が担ってるところがあります

行くか行かないか決められないでいると、車は走り過ぎてしまう(^0^;)

決断が大事で、旨いかマズイか、面白いかつまらないかは二の次三の次

良いところだけ行くなら雑誌で下調べしていけばいい( ̄∀ ̄)

それじゃあつまらないけど(^0^;)

今回の料理人、ムーディはどんな手腕を振るうのか、楽しみであります

 すると、大木を見てから30分もしないでムーディがウィンカーを(◎o◎)

この辺は数件の食事処が並んでました

その中の一件をムーディが独断でチョイス

私は鳩が豆鉄砲を食らった思いでした(°□°;)

目の前に食い物屋があっても、男旅は食えないと言う意識が強いあまりに、ここで食うという選択肢がなかったからです(笑)

今日も昼飯は3時だな

くらいに思ってました(笑)

やはりたまには運転手が違うのもいい(^O^)

決して運転が面倒だったわけではないです

-yamazamurai撮影-

d0260690_23575430.jpg


浜ラーメン

1100円也(◎o◎)

こんなとこでカツ丼食ってたら、TPOの無い人

常連じゃ無いですからね、やはり海の幸を(*^_^*)

つぶ、イカ、ウニ、エビ・・・

美味しかったですが、なにより空腹を満たせたのが一番満足(^_^)v

とてもフレンドリーなおばちゃん店員とお別れして更に北へと車を走らせました(^o^)
[PR]

by yamazamurai | 2012-08-30 00:00 | 山侍の旅


<< 北へ、行けるところまで北へPart3      北へ、行けるところまで北へPart1 >>