2012年 06月 13日
パンツからガタタンまでPart2
そのあと、行くあてがない山侍達(T_T)

どうしようか…。

ちょっとした空き地に車を止めて、外を見渡しました。

するとイタドリの茂みに何かが。





こ、これはもしや…。

パンツでした。

女性の下着、しかしながら華やかさ、お洒落さ、色気を感じさせないタイプ(°□°;)

それにしてもなぜこんなところに?

色んな妄想を膨らませていると、またもや信じられない光景が…。

どうぞ写真をご覧くださいm(_ _)m

d0260690_095788.jpg


写真は考慮した末、小さめにしてます(笑)

あまりの出来事にテンパってしまい、被写体をど真ん中に配置する、いわゆる「日の丸構図」で撮ってしまいました(°□°;)

なんという失態( ̄○ ̄;)

被写体に力強さがあればいいけど、果たして日の丸構図で勝負できる被写体なのか?

確かに枝を利用して引っ掛けてあるところには力強さを感じる。

そしてこの被写体は色々と考えてしまう。

もし越冬したのなら、今年の大雪を乗り越えてなお、この枝に引っかかっている逞しさ。

とか(笑)

暴走はこの辺にして、いまだまともな被写体に巡り会えず、おもむろに移動。

太陽の丘という場所に行きました。

小山の上にあるので、何か見られるかなと。

d0260690_2357553.jpg


奥の塔には階段がついていて登れます。

しばらくは躊躇しました。

登ったっていいことなんかない。

えぇ、いいことなんかなかったです。

行かなきゃよかった・・・。

なぜなら、ここにもパンツが落ちてたから(゜Д゜)

ただし男性のトランクス。

今日はパンツデーです(≧∀≦)

さぁ、次はどこでパンツを見ようか?

二人はあての無い旅、迷走を続けるのでした。
[PR]

by yamazamurai | 2012-06-13 00:00 | 山侍の旅


<< パンツからガタタンまでPart3      パンツからガタタンまでPart1 >>